TOP >

注目点とイベントスケジュール記事一覧

2年債・5年債入札、米金利に注目! 「6月27日の注目点とイベントスケジュール」

  本日は経済指標、要人発言が多少予定されていますが、とても重要とまでは言えない予定です。 指標結果や要人発言がサプライズな内容だった場合は動く可能性がありますが、そこそこの結果や内容ではマーケットの反応は限定 …続きを読む

指標や発言から引き締め加速を見極める1週間! 「6月27日週の注目点とイベントスケジュール」

  先週注目されていたパウエルFRB議長の議会証言は無事に通過しました。 もう一つ注目されていた製造業・サービス業・総合PMI(速報値)は各国予想を大きく下回る結果となり、引き締め政策による景気後退が意識されて …続きを読む

6月24日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

  ◎昨日の注目点   ・米格付け会社ムーディーズ・インべスターズ・サービスは、米国の格付け「Aaa」を確認し、見通しは「安定的」とした ・米ミシガン大学が発表した6月消費者態度指数(確報値)が過去最 …続きを読む

要人発言多数、リスク要因に注目! 「6月24日の注目点とイベントスケジュール」

  昨日は中尾元財務官が「為替介入の可能性は排除できない」と話したことで円買いが進みました。 欧州市場に入り円が売られ始めましたが、フランスやドイツ、ユーロ圏の製造業・サービス業・総合PMI(速報値)が予想を大 …続きを読む

6月23日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

  ◎昨日の注目点   ・一部通信社のインタビューで中尾元財務官が、「為替介入の可能性は排除できない」と話したことが重しとなり円買いが進む場面があった ・6月仏製造業およびサービス部門購買担当者景気指 …続きを読む

製造業・サービス業・総合PMI(速報値)に注目! 「6月23日の注目点とイベントスケジュール」

  昨日は一昨日の円安を利確するように円高が進みました。 注目されていたパウエルFRB議長の議会証言は、FOMC後の記者会見と内容的には変化がなく、市場が思うほどタカ派な内容とはなりませんでした。   …続きを読む

6月22日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

  ◎昨日の注目点   ・「バイデン米大統領が、高騰する燃料価格に対応するため連邦ガソリン税の一時停止を議会に呼びかける見通し」との報道が材料視され時間外の原油先物は前日比で約4%安まで売り込まれ、原 …続きを読む

今週のヤマ場CPI(消費者物価指数)と議会証言に注目! 「6月22日の注目点とイベントスケジュール」

  昨日はこれといった材料もないまま円安が進み、ドル円は24年ぶりとなる136.70円まで上昇しています。 対ユーロや対ポンド、スイスやカナダ、オセアニアなど主要通貨全てに対して円安が進んでいます。 &nbsp …続きを読む

6月21日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

  ◎昨日の注目点   ・日米金融政策の方向性の違いに着目した円売り・ドル買いが優勢となり、ドル円は取引終了間際に一時136.70円と1998年10月以来約24年ぶりの高値を付けた   &n …続きを読む

方向感模索の1日か!? 「6月21日の注目点とイベントスケジュール」

  昨日は重要イベントもなく米国市場が休場だったことから方向感のない値動きとなりました。 本日はNY勢が連休明けなので、どのような動きになるのか注目です。   ただ、本日も重要市場が少なく、目立った発 …続きを読む

RECOMMEND