いにしえ流 FXブログ

よく読まれてる記事Popularity

7月23日の注目点

  7/23(月曜日) 23:00 EUR 欧州 消費者信頼感 7/24(火曜日) 02:00 GBP ブロードベントBOE副総裁発言   今日は要人発言に注目が集まっています。 先週のトランプ大統領の発言 「FRB議長は良い男だが、金利上昇はうれしくない」 「ドル高は我々に不利益を与える」 「中国の通貨が岩のように落ちている」 「FRBの利上げは、ECBや日銀が緩和的な金融政策を維持することで、我々に不利益を与える可能性があることを懸念」 金融政策に口を出しただけではなく、他国の金融政策は通貨安政策だと批判。 この発言からドル円は急落。   USD/JPY時間足チャート   USD/JPY日足チャート   続いて中国の元安。   米ドル/中国元 時間足チャート   「中国製品に対する5000億ドル相当の輸入関税を課す準備がある」 「中国、欧州連合(EU)や他国は自国通貨を操作し、政策金利を低く抑えている」 「米国は金利を上げて、ドルはよりいっそう強くなっている」 先週末、急に貿易戦争から通貨安戦争になりました。 土日に開催されたG20でも、議題としてあがったようです。 中国高官やEU要人、トランプ大統領などの発言が注目されています。   こんな中、今朝は日銀が指値オペ! USD/JPY1分足チャート   日10年債利回りチャート   こちらも先週末に日銀が利回り目標の柔軟化を検討との情報で、市場は引き締めと受け止め円高に動きました。 また週明けの株価も、銀行系を中心に上昇。 10年債利回りも急上昇しました。 急上昇を受けて、日銀は10:10に指値オペ。   久しぶりの指値オペにドル円は、一瞬だけ上昇しましたがすぐに戻してしまいました。   日10年債利回りチャート   赤丸のところが前回の指値オペのところです。 それから考えると、今回は早めの指値オペだったような気がします。 指値オペ=通貨安政策とトランプ大統領が受け止めないか⁉ これについて、また何か発言があるのではないかと心配です。   ポジションは変更していませんが、EUR/USDのShortはストップをタイトにして注意しています。 現在のポジション EUR/USDのShort、EUR/TRYのShort、CAD/CHFのLongを持っています。     先週末からの要人発言 茂木経済財政相 「日米通商協議では、国益に反した行為は絶対に行わない」 「自由貿易の重要性や多角貿易体制の意義を訴える」 トランプ米大統領 「中国製品に対する5000億ドル相当の輸入関税を課す準備がある」 「中国、欧州連合(EU)や他国は自国通貨を操作し、政策金利を低く抑えている」 「米国は金利を上げて、ドルはよりいっそう強くなっている」 「引き締めはこれまでの全ての努力を損なう」 「ロウハニ・イラン大統領に対して二度と米国を脅さないよう警告」 テンレイロMPC委員 「データは第1四半期の落ち込みは一時的と示している」 カルビノ・スペイン経済相 「スペイン2019年経済成長は2.4%を予想(前回予想と変わらず)」 「金利は徐々に上昇するだろう」 「2021年には失業率が10.7%へ低下」 ブラード米セントルイス連銀総裁 「現在の米国のGDPは強いが和らいできている」 「イールドカーブの逆転は経済のベアサイン」 「米連邦準備理事会(FRB)は更なる利上げは遅らせるべきだ」 「貿易戦争の激化は米経済にリスクとなる可能性」 「トランプ米大統領のコメントはFOMCの金利決定に影響しない 「トランプ米大統領がFRBに関して意見を持つことは驚きでない 安倍晋三首相 「中小企業の支援をしっかり行う」 「TPP11で巨大な経済圏誕生」 「デフレ脱却に向けて日本経済は確実に前進を続けている」 「米貿易制限措置回避に粘り強く取り組む」 「(米自動車税発動なら)世界経済にも大きなダメージ」 ムニューシン米財務長官 「相場操縦の兆候がないか、最近の人民元安を注意深く監視」 「人民元安は中国に不当な利益を生み出す、次回の為替報告書で慎重に行動を検討する」 「ドル高は米国にとって長期的に重要、短期的なドルの問題にはコメントしない」 「トランプ米大統領はFRBやパウエルFRB議長の独立性を尊重」 「通貨戦争について投資家は懸念すべきではない」 「G20では貿易について中国との実質的な協議はしなかった」 「G20会合で全く孤立を感じなかった」 麻生太郎副総理兼財務・金融相 「(日米財務相会談について)日本の貿易面での立場を伝達した」 「通貨についてのいかなるコメントも控える」 「貿易摩擦は10年前よりも大きな問題になっている」 「世界経済など幅広いテーマで意見交換(日米財務相会談)」 「鉄鋼・アルミや自動車関税について日本の立場を説明」 「米国の対イラン制裁再発動の日本企業への影響も伝達」 「為替についてコメントは差し控える(G20)」  

■やる気になりますので、応援お願いします!

コメントを残す

エディター紹介Editor

岡ちゃんマン

岡ちゃんマン
福岡県出身1980年生まれ。 若いころは、植木職人として修業。根っからの職人気質。体調を崩し、自宅でPCだけでもできるビジネスを探していたところ2009年にFXと出会う。FXの様々な経験から、導き出したのが「独自のファンダメンタルズトレード」現在は、自宅でFXをしながら、悠々自適な生活を送る。当ブログでは日々の「トレード戦略」「ファンダメンタルズ解説」の記事を執筆

記事一覧はこちら

川ちゃん

川ちゃん
1975年生まれ。21歳の時、大学在学中に会社を設立。24歳の時にはすでに年商約5億円にまで会社を成長させる。その後、経営のかたわら経済の勉強をしていく中、金融業界の影響の大きさに気づき、2006年から資産運用を始め経営者から投資家に転身する。現在は「いにしえトレード戦略責任者」として、ここ数年に渡り年間5000万円から1億円を稼ぎ続けている楽しいことが大好きで、トレード仲間と食事をしたり、旅行に行くのが趣味のちょっぴり寂しがり屋。今までFXを趣味で教えてきた人数は6年間でおよそ500人にも及ぶ。ここ数年、「億トレ」の実績を出してきたので、「稼ぐ為の考え方」を多くの方に伝えることを使命としている。

記事一覧はこちら

上田

上田
若いころは、料理人として活躍。スペインで富豪宅のお抱えコックやパリのリッツホテルに勤務。日本とユーロを行き来することで為替差益の面白さに気づく。帰国後飲食店・カルチャースクール経営お酒大好きでソムリエ資格保有。 2013年、投資の世界に足を踏み入れるしかしながら、中々思うような結果が出ず、岡ちゃんマンに弟子入り。現在、アシスタントとして奮闘中。 トレードスタイルは、押し目買い戻り売りの順張り派。 トレーダーの考えをできるだけ、初心者にも分かるように書いていきたいです。

記事一覧はこちら