英国金融政策決定会合とインフレレポートについて③

TOP > 新着記事一覧 > 英国金融政策決定会合とインフレレポートについて③

2017年12月27日

英国金融政策決定会合とインフレレポートについて③

記事を書いた人:岡ちゃんマン

前回の続き、

 

英国金融政策決定会合とインフレレポートについて

英国金融政策決定会合とインフレレポートについて②


最大の注目点をまとめたいと思います。

④CPI(消費者物価指数)と平均賃金

今回の最大の注目点はCPIと平均賃金ではないかと思います。

まず、5月16日に発表された消費者物価指数は

消費者物価指数 予想2.6% → 結果2.7%

コアCPI        予想2.2% → 結果2.4%

と予想よりもインフレが進んでいます。

これに対し5月17日に発表された平均賃金は

ボーナスを除く平均収入 予想2.2% → 結果2.1%

となっています。

この結果から物価は前年より2.7%上昇しているのに、給料は前年より2.1%しか伸びていないことになります。

実質賃金は減っていることになります。

実質賃金が減っている → 消費を抑える(節約する) → GDPは下がる(経済は低迷する)

これは中央銀行としては避けたい
→ 平均収入を中央銀行が上げることはできない
→ 物価の上昇を抑えるしかない
→ 物価の上昇を抑えるために利上げ

こうなるのではないかと思います。

実際、BOEインフレーションレポートでは、ンフレオーバーシュートを2.82%までと出ています。

 

英国金融政策決定会合とインフレレポートについて


今後もCPIと平均賃金次第では、利上げ時期も早まるのではないかと思われるので、注目していきたいと思います。

 

RECOMMEND