10月6日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 10月6日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2022年10月7日

10月6日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・前週分の米新規失業保険申請件数が予想より弱い内容だったことが伝わると円買い・ドル売りが先行し、ドル円は一時144.58円付近まで値を下げたが、欧州株や米国株の下落を背景にリスク・オフのドル買いが進み、米10年債利回りが3.84%台まで上昇したこともドル買いを促し、前日の高値144.85円や4日の高値144.93円を上抜けて一時145.14円まで上値を伸ばした

・石油輸出国機構(OPEC)加盟国や他の主要産油国による枠組みOPECプラスによる日量200万バレルの減産計画が支援材料となり原油先物相場は小幅ながら4日続伸

 

 

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


10月7日6:00時点

 

 

 

 

 


10月7日6:00時点

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 

 


10月7日6:00時点

 

 

 

 

 

 

 


ダウ平均日足チャート

 

 

 

 

 


S&P500日足チャート

 

 

 

 

 


ナスダック日足チャート

 

 

 

 

 

 


日経225日足チャート

 

 

 

 

 

 


日経500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 


米2年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


米10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


日10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 


ドルインデックスチャート

 

 

 

 

 


VIX指数チャート

 

 

 

 

 


WTI原油価格チャート

 

 

 

 

 


金価格チャート

 

 

 

 

 


銀価格チャート

 

 

 

 

 

 

 


銅価格チャート

 

 

 

 

 


鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 

 

 

CRB指数チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

 

岸田首相
「外為特会の外貨資産は将来の介入に備えたもの」
「(外為特会の経済対策財源への活用は)適切ではない」
「日銀には引き続き物価安定目標の持続的・安定的な実現に向けて努力を期待」

マクロン仏大統領
「電力とガス価格は、今から10月末までの間には許容できる水準まで戻ると予想する」

欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨(9月8日分)
「75bpの利上げは理事会が今後の会合で同規模の利上げに合意する意図があることを示すべきものではないことを再確認」
「金融政策はデータに依存し続けるべきで、あらかじめ設定された経路をたどるべきではない」

カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁
「インフレに関してまだやるべきことがある」
「インフレを引き下げなければならない」
「リセッションを引き起こさずにインフレを引き下げることを望む
「我々は一時停止からかなり離れている」

ハスケル英中銀金融政策委員会(MPC)委員
「MPCには中期的にインフレを目標に戻すための手段と決意がある」
「政府が経済成長の重要性を強調するのは正しい」
「経済活動の鈍化が英国の成長を阻害」

マックレム・カナダ銀行(中央銀行、BOC)総裁
BOCはインフレ期待を注視している
国内のインフレ圧力は緩和の兆候を示さず
「経済は明らかに過剰な需要、賃金の伸びは拡大」
「コア・インフレはまだ有意義な低下にはなっていない」
「インフレを抑えるためにもっとやるべきことがある」
「さらなる利上げは正当化される」
「指標は経済が減速していることを示している」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND