12月8日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 12月8日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2020年12月9日

12月8日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・英国が欧州連合(EU)離脱に絡む国内市場法案から国際法違反の部分を削除

・フォンデライエン欧州委員長とジョンソン首相は9日夕方に協議継続

・ムニューシン米財務長官から「経済対策について今日ペロシ下院議長と会談し、9160億ドルの経済対策案を提示した」との発言はあったものの、米追加経済対策を巡る協議では目立った進展が見られていない

・ポンドは離脱協議で荒い値動きが続くなか、その他の通貨は材料難で方向感のない値動き

 

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


12月9日7:00時点

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 

12月9日7:00時点

 

 

 

 ダウ平均日足チャート

 

 

 

 S&P500日足チャート

 

 

 

 ナスダック日足チャート

 

 

 

 日経225日足チャート

 

 

 

 日経500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 米10年債利回りチャート

 

 

 

 日10年債利回りチャート

 

 

 

 ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 ドルインデックスチャート

 

 

 

 VIX指数チャート

 

 

 

 WTI原油価格チャート

 

 

 

 金価格チャート

 

 

 

 鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 銅価格チャート

 

 

 

 材木価格チャート

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

 

シューマー米上院院内総務(民主党)
マコーネル米上院院内総務(共和党)はコロナ対策法案の妥協を拒否して、今日も同じようなことを聞かされた
「二党派の間では進展を目指す勇気づけられる兆候はある」

ボーヌ仏欧州問題担当相
「ブレグジット交渉には、依然として課題が残されている」

ハンコック英保健相
「脆弱な人々に対するワクチン接種が完了した後、規制を緩和していく」

中国外務省報道官
「中国は米国の制裁に対抗措置を講じる」

ジョンソン英首相
「欧州連合(EU)との通商合意の可能性は高いものの、合意に至らない可能性も払拭できない」
「EUからの離脱は、英国にとって大きな機会となる」
われわれは常に希望を持っているが、通商交渉を断念して合意なしで離脱するしかないと認識せざるを得ない時が来るかもしれない

バルニエ欧州連合(EU)首席交渉官
「次のステップに備えて、フロスト英首席交渉官と会談した」

デービス英首相報道官
ブレグジット交渉が来年まで継続することはない

イングベス・リクスバンク(スウェーデン中銀)総裁
政策金利がマイナスになる可能性を強調してきたが、状況がそれを正当化する必要がある
「金利を低く抑え、流動性のアクセスが良好であることに重点を置いてきた」

コベニー・アイルランド外相
「北アイルランドの手続きについてある程度の確実性を最終的に提供する」

米政府高官
「テロ関連の制裁をイランの個人と組織に科すことを決定」

ロート独欧州担当相
「英離脱協議、実質的な進展はない」
「唯一の新しいことは英首相と欧州委員長の会談」
「英と欧州連合(EU)が貿易合意に至ることができるかは不透明

シューマー米上院院内総務(民主党)
「議会は年末までにコロナ対策法案を可決しなければならない」
マコーネル氏は強硬な姿勢を改め、民主党と交渉する必要がある

欧州連合(EU)筋
「バルニエ首席交渉官は各国代表に対し、英と合意に至らない可能性が高いと述べた」

ゴーブ英内閣府担当相
「通商協議で欧州連合(EU)側に動きがあることを期待」
合意することが目的だが、どんな対価を払ってもというわけではない

フォンデアライエン欧州委員長
ジョンソン英首相と9日夕方に協議を継続する

バイデン次期米大統領
「就任後の最初の100日間で1億回分の新型コロナワクチンを供給」
「最初の100日で新型コロナを抑えこむことは約束できないが、その方向性は変える」
「議会超党派によるコロナ救済策はほんの始まりにすぎない」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND