3月10日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 3月10日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2022年3月11日

3月10日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・トルコで開催されたロシア・ウクライナ・トルコ外相会談を終えて、ラブロフ露外相は「ウクライナには提案をすでにし、モスクワはその回答を求めている」と発言した一方、クレバ・ウクライナ外相は「停戦にむけて進展はなかった」「ウクライナがロシアの要求に応じない限り、ロシアは攻撃を継続すると通告してきた」などと述べており、地政学リスクの緩和につながる材料は出てこなかった

・欧州中央銀行(ECB)は政策金利の現状維持を決めたほか、パンデミック緊急購入プログラム(PEPP)を3月に終了すること、従来の資産購入プログラム(APP)を7-9月期に前倒しで終了することを発表

・ラガルドECB総裁が理事会後の会見で「インフレは短期的に非常に加速する可能性がある」とした一方、「成長見通しへのリスクが著しく増大した」と指摘すると、物価上昇と景気悪化が同時進行するスタグフレーションへの懸念が強まり、一転ユーロ売りが優勢となった

・ECBは「インフレ中期見通しが現状のままならAPPは7-9月に終了する」としたものの、市場関係者からは「APP終了は確定したわけではなくデータ次第、経済状況が一変すれば終了しない可能性もある」「ロシアによるウクライナ侵攻の悪影響が徐々に広がる中、ECBは焦点をインフレ高進から経済と市場の混乱抑制にシフトせざるを得ない

・2月米CPIは市場予想通りの結果となったものの、前年同月比7.9%と約40年ぶりの高さを記録

 

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


3月11日7:00時点

 

 

 

 

 

 


3月11日7:00時点

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 

 


3月11日7:00時点

 

 

 

 

 

 


ダウ平均日足チャート

 

 

 

 

 


S&P500日足チャート

 

 

 

 

 


ナスダック日足チャート

 

 

 

 

 


日経225日足チャート

 

 

 

 

 


日経500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 


米2年債利回りチャート

 

 

 

 

 


米10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


日10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 


ドルインデックスチャート

 

 

 

 

 


VIX指数チャート

 

 

 

 

 

 


WTI原油価格チャート

 

 

 

 

 

 


金価格チャート

 

 

 

 

 

 


銀価格チャート

 

 

 

 

 


銅価格チャート

 

 

 

 

 

 


鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 

 

 

CRB指数チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

豪準備銀行(RBA)
「デベルRBA副総裁が辞任」
「豪州エネルギー企業であるフォーテスキュー・フューチャー・インダストリーズ社のCFOに就任する」

イラン政府の治安トップ・シャムハニ氏
「米国が政治的決断をしないまま、イランの核協議は刻々と複雑化している」

スウェーデン政府
「国防予算をGDP比で2%への引き上げを目指している」

クレバ・ウクライナ外相
停戦にむけて進展はなかった
「引き続き戦争終結にむけての会合を持つ」
「ロシアはウクライナから降伏を得ることはできない」
「ウクライナがロシアの要求にこたえない限り、ロシアは攻撃を継続すると通告」
「ウクライナはロシアの計画をとん挫させた」

ラブロフ露外相
「本日は人道的問題について主に話した」
「ウクライナには提案をすでにし、モスクワはその回答を求めている」
「ベラルーシで真剣な話し合いをしたい」
「ウクライナでの軍事行動は計画通り進んでいる」

欧州中央銀行(ECB)声明
APPは7-9月期に終了予定
「PEPPの純購入は3月で終了」

ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁
「経済環境は極めて不透明」
「GDPは下方修正された」
「物価安定のために必要なことは何でも行う」
インフレ率が2%で安定する可能性は増した
「インフレは短期的に非常に加速する可能性」
インフレ中期見通しが現状のままならAPPは7-9月に終了
「物価上昇は一段と幅広くなった」
成長見通しへのリスクが著しく増大した
「戦争はインフレに対する大幅な上振れリスク」
「我々は金融政策の正常化を加速していない」
「食品価格にさらなる圧力がかかるだろう」
「中期のインフレ見通しはほぼ目標値」

欧州中央銀行(ECB)
「2022年GDP見通しは+3.7%(前回予測+4.2%)」
「2023年GDP見通しは+2.8%(前回予測+2.9%)」
「2024年GDP見通しは+1.6%(前回予測+1.6%)」
「2022年HICP見通しは+5.1%(前回予測+3.2%)
「2023年HICP見通しは+2.1%(前回予測+1.8%)
「2024年HICP見通しは+1.9%(前回予測+1.8%)

プーチン露大統領
「ロシアは希望する全てのパートナーとの協力にオープン」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND