3月17日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 3月17日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2022年3月18日

3月17日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・2月の豪雇用統計が失業率、新規雇用者数、常勤雇用者数、労働参加率などが軒並み好結果だったことで豪ドル買いが優勢

・トルコ中銀が予想通り政策金利14.00%の据え置きを発表後、対ドルで14.79リラ付近、対円で8円割れまで売られた

・英中銀金融政策委員会(MPC)が予想通り政策金利を0.75%に引き上げたが、カンリフ副総裁が据え置きを主張していたほか、今後の利上げについて前回の「可能性が高い」から「適切となる可能性」に文言が変更されていたことが判明したことで、利上げ期待が急速に後退し、英長期金利の急低下とともにポンドに投げ売りが持ち込まれた

・クノット・オランダ中銀総裁が「利上げは今後のインフレデータ次第」としながらも、「今年2回の利上げを排除しない」との考えを示したことを手掛かりに全般ユーロ買いが先行

・ロシアの外貨建て国債の利払いがドルで実施されたと伝わると、ロシアの債務不履行(デフォルト)への懸念がやや和らぎ、ダウ平均は一時420ドル超上昇するなど4日続伸

・国際エネルギー機関(IEA)は欧米諸国による対露制裁によって、ロシアの産油量が今後減少する可能性を指摘したことで、エネルギー供給不足への懸念が再燃するなか原油価格は104ドル台まで上昇するなど堅調に推移

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


3月18日6:00時点

 

 

 

 

 


3月18日6:00時点

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 

 


3月18日6:00時点

 

 

 

 

 

 


ダウ平均日足チャート

 

 

 

 

 


S&P500日足チャート

 

 

 

 

 


ナスダック日足チャート

 

 

 

 

 

 


日経225日足チャート

 

 

 

 

 

 


日経500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 


米2年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


米10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


日10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 


ドルインデックスチャート

 

 

 

 

 


VIX指数チャート

 

 

 

 

 

 


WTI原油価格チャート

 

 

 

 

 


金価格チャート

 

 

 

 

 


銀価格チャート

 

 

 

 

 


銅価格チャート

 

 

 

 

 


鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 

 

 

CRB指数チャート

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

ゼレンスキー・ウクライナ大統領
ロシアはすでにすべてのレッドラインを超えている
「ロシアとの交渉は非常に困難」
「交渉は引き続き継続中」
ウクライナは欧州連合(EU)に加盟するだろう
「戦争により欧州に新たな壁が出来ようとしている」

岸田首相
「物価上がるなら賃金や所得の上昇が必要」
「物価上昇は現実に起こっているが、CPIに反映されず、零細企業には皺寄せ」
「物価上昇に対する不安が、国民や日本経済にあるのはしっかりと受け止める」

ビルロワドガロー仏中銀総裁
「エネルギー価格は下げり始めているが、非常に不安定」
「ウクライナ戦争は仏経済成長率を1%押し下げる」
不確実性は高いが、ウクライナ戦争による景気後退リスクはない
「ロシアのデフォルトリスクによる影響は非常に限定的」

ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁
インフレは中期的に目標の2%前後で安定する可能性が高い
「ECBはリスクを意識し、必要ならば計画を調整する準備」
「戦争は新たなインフレトレンドを引き起こすだろう」
「戦争は経済成長にとって著しいリスク」

ロシア大統領府
ウクライナとの交渉で大きな前進があったという報道は誤り

レーン欧州中央銀行(ECB)専務理事兼主任エコノミスト
7-9月期の資産買い入れ調整はデータ次第
コアインフレが弱まると信じる理由がある

トルコ中銀声明
「ウクライナでの紛争解決や断固とした措置を背景にディスインフレプロセスが開始されると予想」
インフレ目標達成のために利用可能な全ての手段を断固として講じる
「国内の経済活動が引き続き堅調であることを示している」
「エネルギー価格による経常収支のリスクを監視」

英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨
0.75%への引き上げを賛成8・反対1で決定
カンリフ副総裁が据え置きを主張
「今後数カ月で緩やかな引き締めが適切となる可能性」
「インフレの進展に応じて政策判断には両サイドのリスクがある」
「4-6月期のインフレは8%前後となり、その後さらに高くなることも」

クノット・オランダ中銀総裁
今年2回の利上げを排除しない
利上げは今後のインフレデータ次第

ビスコ伊中銀総裁
「ウクライナ戦争は一夜にしてマクロ経済のシナリオを変えた」
「エネルギーの供給混乱により金融安定は著しいリスクに直面」

シュナーベル欧州中央銀行(ECB)専務理事
「短期的なインフレ圧力は優勢」
「エネルギー価格インフレの新たな時代に突入した」
「ロシアガスに関するEUの計画はインフレを煽る」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND