3月3日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 3月3日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2022年3月4日

3月3日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・ロシアを巡る懸念からWTI原油先物価格は2012年5月以来の高値116.50ドルまで一時上昇、ただイラン核合意再建協議がまとまり、原油供給が増えるかもしれないとの期待が進むと106.50ドル付近まで下落

・ウクライナ情勢を巡っては、実施された2回目の停戦対話で民間人が避難するための「人道回廊」の設定を巡る理解が得られた

・原油高がユーロの重しとなりユーロは下落、対英ポンドでは2016年以来の安値を更新、対ドルでは2020年5月以来の安値を記録

 

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


3月4日7:00時点

 

 

 

 

 


3月4日7:00時点

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 

 


3月4日7:00時点

 

 

 

 

 

 


ダウ平均日足チャート

 

 

 

 

 

 


S&P500日足チャート

 

 

 

 

 

 


ナスダック日足チャート

 

 

 

 

 


日経225日足チャート

 

 

 

 

 

 


日経500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 


米2年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


米10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


日10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 


ドルインデックスチャート

 

 

 

 

 


VIX指数チャート

 

 

 

 

 


WTI原油価格チャート

 

 

 

 

 


金価格チャート

 

 

 

 

 


銀価格チャート

 

 

 

 

 


銅価格チャート

 

 

 

 

 

 

 


鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 

 

 

CRB指数チャート

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

 

イエレン米財務長官
米国の回復のペースは、従来の指標に基づく最も楽観的な予測を上回っている
「ロシアの銀行資産の80%は現在制限下にあり、ロシア中銀の資産の半分は月曜日までに動けなくなった」
「米国の同盟国は、ウクライナ戦争をめぐってプーチン露大統領に深刻な影響を及ぼし続けるだろう。ロシアはますます経済の孤島にいることになる。」

鈴木財務相
「EUのロシア7行のSWIFT排除を支持」
「新たに4銀行に対し資産凍結措置を講じる、対ロ金融制裁」

中川日銀審議委員
YCCの下で強力な金融緩和を粘り強く続けることが2%物価目標の達成に必要な政策
「コアCPIが2%に迫っても、上昇要因や持続力が経済ファンダメンタルズに備わっているかが重要」
4月以降、コアCPIが瞬間風速的に2%近い水準まで上昇する可能性も

独国防省
「ウクライナに2700基の対空ミサイルを追加供給」

リャブコフ・ロシア副外相
「ウクライナでのロシアの活動目標は完全に達成されると確信」
「ロシアは安全保障と戦略的安定性に関する議論を再開する準備」
「米国および西側諸国とのコミュニケーションの手段を維持」
「ベラルーシでのウクライナとの対談の可能性はある」

ブレマン・リクスバンク(スウェーデン中銀)副総裁
「金融政策を変更する準備をしなければいけない」

ゼレンスキー・ウクライナ大統領
「ロシアはオデッサを破壊しようとしている」

ラブロフ露外相
「本日、ウクライナとの停戦協議を開催する」
「双方の主張を尊重した協議になる用意」
「近い将来、NATOとの対話は行われる」
「誰もNATOに攻撃しない」

ウクライナ大統領顧問
「ロシアとウクライナの協議はあと数時間で開始される」
「ウクライナの交渉団はヘリコプターで向かっている」
ロシアと次回交渉の開催で合意

レーンECB専務理事兼主任エコノミスト
「ウクライナでの戦争がもたらす経済的な影響を注視」
経済回復に必要な措置をとる
「新たな経済予測は、ウクライナでの戦争と2月のインフレ率を考慮する」

独経済相
「ロシアに対する制裁は独経済に対してインパクトを与えている」
「ドイツのガス価格は、ロシアによるウクライナ侵攻前よりも100%超上昇している」
「ロシアのガスに依存しないように早急に対処している」

トルコ財務相
「次期にはインフレを引き下げる」

 

マクロン仏大統領(プーチン露大統領に対しての電話会談での発言
「プーチン露大統領は自分で自分にうそをついている」
「ウクライナの中立化と非武装化は外交的にあり得ない」
「(ウクライナが)自分の頭に拳銃を突き付けられている状況で、降伏することはない」

プーチン露大統領
(マクロン仏大統領との電話会談で)
「ウクライナの中立化と非武装化が無ければ軍事行動は継続される
「我々はネオナチの支配と戦っている」
「キエフへの爆撃と、一般市民への攻撃は行っていない」

メスター米クリーブランド連銀総裁
FRBの課題は、インフレを抑制するために必要なペースで緩和措置を撤去すること
「ウクライナの状況で、経済見通しの不確実性が加わった」
「経済見通しに関する不確実性は、インフレの上振れリスク」
(不確実性によるインフレリスク上振れで)FRBが行動を起こすことがさらに重要になる
0.25%の引き上げから始まり、今後数カ月でさらに利上げすることで良い状況になるだろう

国際原子力機関(IAEA)グロッシ事務局長
イランは合意に向けてまだ行わなければならないことが多い

パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長
「エネルギー価格の上昇は、米国経済全体に影響を及ぼす」
「当面の間、インフレに上向きの圧力がかかるだろう」
「米国では支出を控えている人々を見ることができる」
「FRBの意思決定には、注意深く機敏である必要がある」
「短期的に、エネルギー価格は確実にインフレを押し上げるだろう
「原油高でインフレ期待が上昇するリスクある」
「暗号資産(仮想通貨)には強力な規制が必要」

ペロシ米下院議長(米民主党)
「ロシアからの石油輸入を停止するべき」

マックレム・カナダ銀行(中央銀行、BOC)総裁
バランスシート縮小は比較的迅速に
保有債券を積極的に売却しない
「BOCは金融正常化政策への道を明確に進んでいる」
「量的金融引き締め(QT)に関するより多くのガイドラインを提供する」
「QTは利上げを補完する」
「価格圧力の拡大は大きな懸念」
「利上げはCPIを2%に戻すための主要なツール」

イラン
「残された問題が全て解決するまで、合意に達したとはだれも言えない」
「2015年の核合意を復活させるためには、追加の行動が必要だ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND