2022年8月3日

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・RBA理事会は市場予想通り政策金利を現行1.35%から1.85%に引き上げることを決定し、声明で更なる引き締めも示唆したが、あらかじめ設定された道筋にあるわけではないとの文言を追加したことでハト派色が強いと受け止められ、発表後に豪ドル売りが進んだ

・「ペロシ米下院議長が本日23時過ぎに台湾に到着する見通し」との報道が伝わり、米中関係が一段と緊迫化するとの警戒感が高まっていることが相場の重しとなり、ドル円は一時130.41円と6月3日以来の安値を更新

・デイリー米サンフランシスコ連銀総裁は、「米連邦準備理事会(FRB)のインフレ対策は終了からほど遠い」と述べたうえ、「FRBが来年には利下げを始める」との観測が出ていることについて「困惑している。市場参加者はデータのどこを見ているのか。私の見通しとは異なる」と批判した。また、エバンズ米シカゴ連銀総裁は「9月会合での0.50%利上げは合理的だが0.75%でも問題ない」「9月以降は来年上期まで0.25%の追加利上げ継続を引き続き期待する」と述べたほか、メスター米クリーブランド連銀総裁は「インフレは全く落ち着いていない」「FRBはインフレ抑制にコミットしている」と語り、市場で台頭していたFRBが利上げペースを緩めるとの見方が後退したことで、米国債の売り(金利は上昇)とドル買いが強まった

・ペロシ氏の台湾到着が無事確認されたことから、NY後半は円売り・ドル買いを促し、取引終了間際に一時133.18円と日通し高値を更新

 

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


8月3日6:00時点

 

 

 

 

 

 


8月3日6:00時点

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 

 


8月3日6:00時点

 

 

 

 

 

 

 


ダウ平均日足チャート

 

 

 

 

 

 


S&P500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 


ナスダック日足チャート

 

 

 

 

 

 

 


日経225日足チャート

 

 

 

 

 

 

 


日経500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 


米2年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


米10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


日10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 


イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 


ドルインデックスチャート

 

 

 

 

 

 


VIX指数チャート

 

 

 

 

 

 


WTI原油価格チャート

 

 

 

 

 

 

 


金価格チャート

 

 

 

 

 

 


銀価格チャート

 

 

 

 

 

 

 

 


銅価格チャート

 

 

 

 

 

 

 

 


鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

CRB指数チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

中国国連大使
「ペロシ米下院議長が訪台すれば、米中関係は弱体化する」

オーストラリア準備銀行(RBA)声明
「ここ数カ月の金利引き上げはインフレ率を目標値に戻し、豪経済においてより持続可能な需給バランスを作り出すために必要なもの
理事会は今後数カ月間、金融情勢の正常化に向けて更なるステップを踏むと予想しているが、あらかじめ設定された軌道上にあるわけではない
将来の金利引き上げの規模とタイミングは、今後のデータとインフレや労働市場の見通しに関する理事会の評価によって決定
「理事会は豪インフレ率が長期的に目標値に戻ることを確実にするため、必要なことを行うことを約束」
「インフレ率は今年後半にピークを迎え、その後に2-3%のレンジに向かって再び低下すると予想」
「豪経済は今年も力強い成長を続け、その後成長ペースが鈍化すると予想」
「中心的な予測では2022年のGDP成長率は3.25%、その後の2年間はそれぞれ1.75%」

デイリー米サンフランシスコ連銀総裁
FRBのインフレ対策は終了からほど遠い

ペロシ米下院議長(米民主党)
「米国は一方的な現状変更の取り組みに反対する」

エバンズ米シカゴ連銀総裁
「9月会合での0.50%利上げは適切となる可能性」
9月会合での0.50%利上げは合理的だが0.75%でも問題ない
「現在のインフレ率は経済にとって不健康」
「12月までに3.25-3.5%の金利目標に到達するのは合理的」

メスター米クリーブランド連銀総裁
「我々はリセッションに陥っているとは思わない」
現在、米国の労働市場は非常に健全
インフレは全く落ち着いていない
「FRBはインフレ抑制にコミット」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND