8月31日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 8月31日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2022年9月1日

8月31日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・ロシア国営ガスプロムが本日から9月3日までノルドストリーム1を停止

・欧州時間発表の8月ユーロ圏消費者物価指数(HICP)速報値が前年比9.1%上昇と予想の9.0%上昇を上回り、過去最高を記録すると、来週8日の欧州中央銀行(ECB)理事会で通常の3倍にあたる0.75%の利上げが実施されるとの観測が高まりユーロ買いが優勢となった

・8月ADP全米雇用報告で民間部門雇用者数が13.2万人増と予想の30.0万人増を下回ったことが伝わるとドル円は一時138.45円付近まで値を下げたものの、下押しは限定的

 

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


9月1日6:00時点

 

 

 

 

 

 


9月1日6:00時点

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 

 


9月1日6:00時点

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ダウ平均日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

 


S&P500日足チャート

 

 

 

 

 

 


ナスダック日足チャート

 

 

 

 

 

 

 


日経225日足チャート

 

 

 

 

 

 

 


日経500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 


米2年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


米10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


日10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 


ドルインデックスチャート

 

 

 

 

 

 


VIX指数チャート

 

 

 

 

 

 


WTI原油価格チャート

 

 

 

 

 

 


金価格チャート

 

 

 

 

 


銀価格チャート

 

 

 

 

 

 


銅価格チャート

 

 

 

 

 

 


鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 

 

 

CRB指数チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

中川日銀審議委員
「好循環を実現するため、金融緩和を継続する必要がある」
「目指すのは賃金と物価が持続的に上昇する好循環」
「物価上昇が消費に与える影響は注意してみていく必要がある」
「当面コストプッシュによる値上げが続く可能性が高い」
「景気回復には物価上昇の消費への影響が軽微にとどまる必要」
「単純に物価2%を実現しさえすればよいとは考えていない」

メスター米クリーブランド連銀総裁
「来年の利下げを予想せず」
「雇用市場が冷え込む中、年末までに失業率は4%を超えると予想
「今後1-2年のリセッションのリスクは上昇」
2023年初めに4%以上の金利引き上げを支持
「インフレがピークに達したと結論づけるのは時期尚早」
「どの会合でも利上げ規模を拡大、金利のピークはインフレ次第」
我々は利上げを続けなければならない
インフレとの戦いは長いものになるだろう

ホルツマン・オーストリア中銀総裁
来週のECB理事会では最低でも0.50%利上げを議論
0.75%利上げについても議論するべき

ビルロワドガロー仏中銀総裁
「次回の金利変動は覚悟を持って、秩序正しく予測可能な方法で行われる必要がある」
「2022年に欧州が景気後退することはないと見ており、2023年も例外ではない」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND