いにしえ流 FXブログ

よく読まれてる記事Popularity

01月08日週の注目材料

  2018年01月08日(月曜日) 17:30 GBP ハリファックス住宅価格指数   2018年01月09日(火曜日) 02:40 USD ボスティック・アトランタ連銀総裁発言 03:35 USD ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁発言 06:00 USD ローゼングレン・ボストン連銀総裁発言 09:30 AUD 建築許可件数 19:00 EUR 欧州失業率 22:15 CAD 住宅着工件数   2018年01月10日(水曜日) 00:00 USD JOLT求職 00:00 USD カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁発言 03:00 USD 3年債入札 10:30 CNY 中国消費者物価指数 16:00 NOK ノルウェーCPI 17:30 SEK スウェーデン鉱工業生産 18:30 GBP 英鉱工業生産 22:00 GBP NIESR GDP 22:30 CAD 住宅建設許可 23:00 USD エバンス・シカゴ連銀総裁発言   2018年01月11日(木曜日) 00:30 USD 原油在庫量 03:00 USD 10年債入札 03:30 USD ブラート・セントルイス連銀総裁発言 09:30 AUD 小売売上高 16:00 SEK スウェーデン失業率 21:30 EUR ECB理事会議事要旨(12月14日分) 22:30 USD 生産者物価指数 22:30 CAD 新築住宅価格指数   2018年01月12日(金曜日) 03:00 USD 30年債入札 04:00 USD 月次予算諸表 05:30 USD ダドリー・ニューヨーク連銀総裁発言 17:30 SEK スウェーデンCPI 22:30 USD 消費者物価指数 22:30 USD 小売売上高   2018年01月13日(土曜日) 01:30 EUR ヴァイトマン・ドイツ連銀総裁発言 03:00 USD ベイカーヒューズ社リグカウント 04:00 USD ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁発言 06:15 USD ローゼングレン・ボストン連銀総裁発言     今週は、CPI(消費者物価指数)に注目です。 多くの国で、金融政策の判断材料の上位に物価が来ています。 物価を判断する1番の経済指標が、CPI(消費者物価指数)です。 なので、CPIはトレンドの転換点になる可能性が高く、注目度が高いと思います。 その他では、ECB理事会議事要旨に注目です。 今年の注目通貨EUR、ECBの方針のヒントがないか注目しています。   米国では、2018年になりFOMC投票権を持つメンバーが変わっています 米国は、利上げがかなりの確率で織り込まれています。 利上げペースの後退につながるような発言には要注意です。   今週もよろしくお願いします。  

■やる気になりますので、応援お願いします!

コメントを残す