10月10日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 10月10日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2022年10月11日

10月10日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・日本はスポーツの日で休場、米国はコロンブスデーで債券市場が休場、カナダは感謝祭で休場と1日を通して閑散とした相場となった

・クリミア橋への攻撃に対する報復として、ロシアはウクライナ複数の都市を攻撃、首都キーウをはじめ各地でロシア軍による大規模なミサイル攻撃があり、合わせて11人が死亡したほか、インフラ施設が被害を受けた

・ウクライナ情勢激化への懸念からリスク・オフのドル買いも優勢となり、ドル円は一時145.80円まで上昇

・英中銀(BOE)は国債市場安定化策の長期国債買い入れ措置が今週末に終了するのを前に、買い入れ上限を倍増するなど、市場が再び混乱することを防ぐための措置を発表、ただ、国債購入は予定通り14日に終了する予定であることを改めて強調

 

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


10月11日6:00時点

 

 

 

 

 


10月11日6:00時点

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 

 


10月11日6:00時点

 

 

 

 

 

 


ダウ平均日足チャート

 

 

 

 

 

 


S&P500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 


ナスダック日足チャート

 

 

 

 

 

 

 


日経225日足チャート

 

 

 

 

 

 


日経500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 


米2年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


米10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


日10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 


ドルインデックスチャート

 

 

 

 

 


VIX指数チャート

 

 

 

 

 

 


WTI原油価格チャート

 

 

 

 

 


金価格チャート

 

 

 

 

 


銀価格チャート

 

 

 

 

 


銅価格チャート

 

 

 

 

 

 

 


鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 

 

 

 

CRB指数チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

イエレン米財務長官(FT)
「OPECプラスの減産は、世界経済に悪影響」
「われわれは発展途上国や彼らが直面する問題を非常に心配している」
「ウクライナへの支援金の送金ペースは遅すぎる」

エバンズ米シカゴ連銀総裁
「リセッションや失業者の大幅増加なしに、比較的迅速にインフレ率を下げることが可能」
「来年初めまでに金利を4.5%以上に引き上げ、しばらくその水準を維持する必要」
「労働力不足がインフレに異常に大きな影響を与えている」
「より長期的なインフレ期待は概ね2%の目標と一致する範囲内にとどまっていることは朗報」
「FRBはインフレ率の低下を確認する必要」
「インフレはFRBが考えていたよりもはるかに持続的」
「欧州の景気後退リスクは非常に高い」

ブレイナード米連邦準備理事会(FRB)副議長
金融政策はしばらくの間、制限的なものになるだろう
「累積的な引き締めがインフレを引き下げるには時間がかかる」
「FRBは経済、雇用、インフレがどのように調整されているかを評価するために慎重に進む必要がある」
「インフレはすべての米国民にとって重大な課題」
「ロシアのウクライナ侵攻により、食料・エネルギー価格にさらなるショックが生じる可能性がある」
「ほとんどの中央銀行は、インフレとの戦いで団結している」
「インフレ期待が上昇し始める可能性があり、FRBの仕事が困難になる著しいリスクがある」
「時期尚早の緩和はリスクだが、ある時点でリスクはより二面的なものになる可能性がある」
「FRBはインフレの動向を評価する際にあらゆるデータを精査」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND