11月14日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 11月14日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2022年11月15日

11月14日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・ウォラー米連邦準備理事会(FRB)理事は「10月CPIはある時点のデータに過ぎず、一定期間のCPI動向を見る必要がある」「インフレ率が低下しているという明確で強い証拠ない限り、金利は引き下げられない」などの見解を示し、米利上げが減速するとの思惑を牽制したことでドル買いが強まった

・ニューヨーク連銀の最新調査によると、1年後のインフレ期待は10月に5.9%と前回の5.4%から上昇、3年後のインフレ期待も3.1%と前回の2.9%から上昇、5年後のインフレ期待も2.4%と前回の2.2%から上昇した。

・ブレイナードFRB副議長がイベントで「おそらく利上げペースを減速するのが間もなく適切になるだろう」と発言すると、20時30分前に一時140.80円と日通し高値を付けたドル円は139.65円付近まで伸び悩んだ

・ビットコインは仮想通貨交換業最大手バイナンスのチャンポン・ジャオ最高経営責任者(CEO)が「FTXトレーディングの破綻の悪影響が連鎖することを抑えるため、業界の回復基金設立に動く」と表明すると、対ドルで一時1万7146ドル前後、対円で240万円台まで買い戻される場面があった

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


11月15日7:00時点

 

 

 

 

 

 


11月15日7:00時点

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 

 


11月15日7:00時点

 

 

 

 

 

 

 


ダウ平均日足チャート

 

 

 

 

 

 


S&P500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 


ナスダック日足チャート

 

 

 

 

 

 

 


日経225日足チャート

 

 

 

 

 

 


日経500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 


米2年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 


米10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


日10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 


ドルインデックスチャート

 

 

 

 

 


VIX指数チャート

 

 

 

 

 


WTI原油価格チャート

 

 

 

 

 


金価格チャート

 

 

 

 

 

 


銀価格チャート

 

 

 

 

 

 

 


銅価格チャート

 

 

 

 

 

 

 

 


鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 

 

 

 

CRB指数チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

 

ウォラー米連邦準備理事会(FRB)理事
「10月CPIはある時点のデータに過ぎず、一定期間のCPI動向を見る必要がある」
物価が一部で下落したのは良いことだが、継続が必要
インフレ率7.7%は高過ぎる、金利は当面高水準に
「インフレ率が低下しているという明確で強い証拠ない限り、金利は引き下げられない」
「米国のインフレ率をできるだけ速く低下させることが重要」
これまでに利上げで何も壊れていない
「FRBは利上げペースの鈍化を考え始めることができる]

黒田日銀総裁
「景気、感染症の抑制と経済活動の両立進むもとで持ち直している
「現在は金融緩和の継続で経済活動しっかり支えていくべき局面」
「内外の経済・物価情勢や金融市場の動向巡る不確実性、きわめて高い」
「現時点で需要面から物価上昇率が高まっているわけではない
コスト高の価格転嫁で2%上回る物価上昇率になっているが、この影響減衰で来年度以降は2%下回る見通し
「経済の先行き不透明感、海外の経済・物価巡るリスクに注意必要
「海外中銀の金融引き締め、国際金融市場への影響を慎重に見ていく必要」
「資源高や為替相場の企業・家計への影響を注視、金融緩和で需要面を支えていく」
「急激な為替の変動は先行きの不確実性高め、経済にとって望ましくない」
「国債への信認確保、引き続ききわめて重要」
「政府債務残高の対GDP比率はきわめて高いが、国債への信認失われていない」

イエレン米財務長官
「米中首脳会談は、両国関係を安定させることを目的としていたが、これまでも国家安全保障上の懸念については明確にしてきた」

フォンデアライエン欧州委員長
「年末までに原油価格の上限を設定する予定」

パネッタ欧州中央銀行(ECB)専務理事
「金融引き締めはインフレが定着しないようにするため」
「決定的な根拠がない前提で積極的な引き締めを行うのは見当違い

米ホワイトハウス
「ブリンケン米国務長官が中国を訪問する」

バイデン米大統領
「習近平・中国国家主席との会談でロシアによるウクライナ侵攻や北朝鮮問題を取り上げた」
「習近平・中国国家主席に競争を衝突に発展させるべきではないと発言」
「台湾に対する中国の高圧的な行動に反対を表明」

ブレイナード米連邦準備理事会(FRB)副議長
利上げペースの減速は近く適切になるだろう

ジョーダン・スイス国立銀行(スイス中銀、SNB)総裁
「2023年の成長率は今年よりも弱い見通し」
「インフレが拡大した」
「追加の金融引き締めの可能性は非常に高い」
「12月に利上げの可能性はあるが、決定はデータ次第」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND