TOP > 2020年 > 12月

注目点とイベントスケジュール記事一覧

離脱協議・豪雇用統計・英中銀金融政策の3点に注目! 「12月17日の注目点とイベントスケジュール」

  昨日FOMCでは追加緩和は出てこなかったものの、量的緩和のフォワードガイダンスは強化されました。 追加緩和を期待していた人たちには失望でドル買いが入ったものの、量的緩和が「ここ数か月」から「物価と雇用が達成 …続きを読む

12月16日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

  ◎昨日の注目点   ・フォンデアライエン欧州委員長は英国との交渉について、「漁業権問題ではまだ隔たりがあるものの、ほとんどの問題で協議が進展した」と述べたほか、「狭いながらも合意に向けた道ができた …続きを読む

FOMC政策発表! ドル安は継続されるのか⁉ 「12月16日の注目点とイベントスケジュール」

  本日から明日にかけて経済指標、金融政策発表が立て続けに予定されています。 このことから、昨日は動きづらい展開となり小動きな相場となっています。   本日も夕方の欧州市場で発表される経済指標までは動 …続きを読む

12月15日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

  ◎昨日の注目点   ・12月豪準備銀行(RBA)理事会議事要旨が公表されたが、12月1日の声明文とほぼ同様の内容だったため、相場への影響は限られた ・中国が豪州からの石炭輸入を正式に禁止したとの報 …続きを読む

FOMCを控えて、米予算に注目! 「12月15日の注目点とイベントスケジュール」

  昨日は離脱協議が協議継続されたとして、ポンドは100pips以上の窓を開けてスタートしました。 その後もじわじわとポンド買いが出てきていましたが、欧州時間に入ると離脱協議にネガティブな発言が出てきていること …続きを読む

12月14日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

  ◎昨日の注目点   ・ジョンソン英首相と欧州連合(EU)のフォンデアライエン欧州委員長は13日の電話会談で、英・EUの通商交渉を継続することで合意し、交渉決裂の懸念がいったん後退したことを背景に早 …続きを読む

離脱協議の延長発表で欧米市場の反応は!? 「12月14日の注目点とイベントスケジュール」

  英国とEUはいつになったら合意出来るのか、この週末も結論が出せないまま協議の延長だけが発表されました。 これでまた、マーケットは離脱協議と米予算、コロナワクチン、FRBの緩和による米ドル安と、先週までと同じ …続きを読む

離脱・FOMC・経済指標などイベント満載の1週間! 「12月14日の注目点とイベントスケジュール」

  今週も先週とマーケットテーマは変わらないと思われます。 EUと英国の離脱関連でユーロとポンドが動き、FRBによる超緩和からの米ドル安が進み、ワクチンなどコロナからの回復期待から株価が上昇しリスクオンの流れに …続きを読む

12月7日~12日を振り返り、気になったニュース

・オーストラリア、州政府の「一帯一路」合意破棄可能に-議会が新法 http://bloomberg.co.jp/news/articles/2020-12-08/QL04SXT0G1KX01?srnd=cojp-v2 ・ …続きを読む

12月11日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

  ◎昨日の注目点   ・日経平均は12月限SQ算出日通過後に売り圧力が高まり一時170円超下落 ・中国の大連商品取引所の鉄鉱石価格が大幅高でスタートしており、豪主要輸出品である鉄鉱石の上昇が豪ドルの …続きを読む

RECOMMEND